ジェットスター・ジャパンで国内旅行へ行く時の注意点

荷物の制限がつらい

次にネックとなるのが機内持ち込みの制限が厳しい点です。
ANAやJALならば通常10kgまでですが、ジェットスター・ジャパンは7kgまでで、この3kgは結構大きい差となるのです。
国内旅行で帰り便ともなれば、当然大量のお土産が増えてます。
この3kgの差のせいで別料金を取られてしまうのも残念でした。
結局、お土産類は最終日に宅配便で送りました。
次に、これが最大の問題点なのですが、欠航が多いことです。
又、欠航までには至らずとも遅れるケースは日常茶飯事なのです。
天候が悪くて欠航ならばあきらめもつくのですが、使用機材のやり繰りがつかなくて欠航になるケースが多いのです。
これはジェットスター・ジャパンに限らず、どのLCCにも共通している問題なのですが、価格を下げるためにコストを出来うる限り下げています。
そこには余分の機体も含まれているようです。
つまり、直接的に悪天候でなくても、どこか遠くの街で飛べない飛行機が出た場合、巡り巡って自分の乗るはずだった機体にツケが回ってくることがあるのです。

時間的に余分な1泊が必要? | 荷物の制限がつらい | キャンセルしずらいのも欠点

| ジェットスター航空券|ローソン